愛され葉酸 産後

愛され葉酸は産後も飲む必要があるの?

「葉酸」という言葉は妊婦になって色々な場所で目にしたり耳にしたりした人が多いのではないでしょうか。妊活中や妊娠中、特に摂取がすすめられている葉酸ですが、その期間だけ摂取すれば良いのでしょうか。

 

それとも産後も飲み続ける必要があるのでしょうか?または、産後は飲むのをやめても良いのでしょうか?

 

葉酸の中でも芸能人が監修し、話題を集めている愛され葉酸について、産後も飲み続けることが必要なのか、飲む期間はいつがが良いのか説明します。

 

【愛され葉酸を飲む期間や量とは】

 

結論から述べると妊娠の有無にかかわらず摂取がおすすめです。妊娠をしている時期や授乳時期は特に不足しやすいので厚生労働省からもすすんで摂取することがすすめられています。

 

また、飲む量も厚生労働省が提示しています。1日400μgの摂取が望ましいとされており、それと同時に1000μgを超えない範囲ともされています。つまり、取り過ぎには要注意ということになります。

 

愛され葉酸は1日の400μgを想定して作られているため、安心して毎日飲むことができます。

 

<なぜ葉酸は妊娠の有無に関わらず飲むの?>

 

葉酸とは、ビタミンの1種です。ビタミンは身体の調子を整えてくれる大切な働きをしてくれるものですが、食事から摂取を考えるととても膨大な量の野菜や果物を食べなければなりません。

 

また、熱に弱く、水に溶けやすいという性質を持っているため、調理をすると更に栄養価が下がってしまいます。そのため、サプリメントからの摂取が効率的なのです。

 

<妊活中や妊娠中は摂取がすすめられるけど、産後は?>

 

上で述べたように、妊娠の有無に関わらず必要ですが、産後にも必要な大きな理由があります。

 

まず、母体の栄養分は全て母乳を通して赤ちゃんに送られます。赤ちゃんの身体を作るものはたくさんありますが、その中で葉酸はとても大切な役割を持っています。

 

じゃあ、母乳で育ててるから私には関係ない。とミルクで育てているというお母さんもいるかもしれません。しかし、ミルクで育てているお母さんにとっても葉酸はとても大切です。

 

産後の子宮の回復にとても大きな効果があります。子宮の回復を早めるでかではなく、産後に乱れやすいホルモンバランスにも良い働きをしてくれます。

 

産後の抜け毛やうつなどホルモンのバランスが崩れ産後トラブルに悩む人も少なくありません。産後トラブルを回避するためにも葉酸は摂り続けることはとても大切です。

 

【愛され葉酸は産後も飲むののまとめ】

 

産後も飲み続けることで産後のトラブル防止につながります。産後、体力が落ちている身体で育児もしなければなりません。体調を崩してしまうとイライラが溜まり赤ちゃんにもお母さんにも良くない影響が出てきます。

 

赤ちゃんもお母さんも健康で元気に過ごすために、愛され葉酸を飲み続けることをおすすめします。また、冒頭にも述べたように葉酸という成分は妊娠の有無に関わらずとても大切な栄養素です。

 

これを期に家族全員で愛され葉酸を飲む習慣をつけてみてはどうでしょうか。

 

>>愛され葉酸の公式サイトはこちら

関連ページ

どんな栄養素が摂取できるの?どんな成分が配合されるのか徹底解析!
愛され葉酸は、妊娠中に必要な成分がいろいろ配合されています!妊婦さんにやさしい愛され葉酸の成分を詳しく紹介!
愛され葉酸の定期コース、解約したい時ははスムーズにできるの?
愛され葉酸の公式サイトの定期コースは、6回のお届けまでは解約できません。7回目以降は手続き簡単、愛され葉酸公式サイトの定期コースの解約や返品について説明!
副作用や注意点はある?妊娠中でも飲んで大丈夫か解析!
妊娠中のママにおススメの愛され葉酸は、副作用は特にありません。副作用もなく、妊娠中でも安心して飲めるサプリメントが愛され葉酸です。
愛され葉酸は授乳中に飲んでも大丈夫?【副作用の心配は!?】
愛され葉酸って授乳中はどうなの?愛され葉酸の成分を解析して授乳中に飲んで良いのか詳しく解説。
愛され葉酸とママニックならどちらがおススメ?【徹底比較!】
愛され葉酸とママニックの違いを徹底比較!愛され葉酸もママニックを比較すると、ママによっておススメは違います。